心斎橋、難波の賃貸マンションなら「物件数No.1」と「地域最安値」の賃貸サイト「賃貸くん」へ!

心斎橋、難波、大阪市内の賃貸マンションは「賃貸くん 大阪心斎橋店」「賃貸くん 大阪難波店」まで!

大阪市内の賃貸マンションなら「賃貸くん」にお任せください!

賃貸くん大阪心斎橋店 賃貸くん大阪難波店「中央区、西区、浪速区の賃貸物件検索サイト」

  • 0120-243-010
  • 10:00~20:00/年末年始

九条・ドーム前千代崎・大正

九条

 

九条地区は西区の西部を形成し、九条・九条南・安治川・境川からなるが、阪神なんば線と地下鉄中央線により難波へのアクセスが極めて良い。駅周辺を除けば、概して住宅と工場が混じる下町の住宅地が広がっている。九条駅を挟んでナインモール九条とキララ九条商店街の2つの商店街がある。

阿波座・西長堀

阿波座

 

大阪市西区東部、西船場(下船場)のおおむね中央に位置する。東を西横堀川、西を百間堀川、南を立売堀川、北を阿波堀川、北西を薩摩堀川と、かつて流れていた堀川で囲まれた島のうち、立売堀川北岸と薩摩堀川以南を除く部分を指し、現在も汎称地名として使われている。現在これらの堀川は全て埋め立てられており、中央大通以北は西本町に、かつての阿波座三番町の筋から西は立売堀に含まれている。

 

現行行政地名は1978年(昭和53年)実施で、北で西本町、北東の道路上の一点で中央区船場中央、東で中央区久太郎町、南東で北久宝寺町、南から西にかけて立売堀と接する。西本町3丁目に大阪市営地下鉄阿波座駅があるが、中央線のホームはかつての薩摩堀に所在し、千日前線のホームは一部靱にかかっており、本来の阿波座からは西へ離れている。なお、千日前線ホーム上の靱本町3交差点には、かつて大阪市電の茂左衛門橋電停があった。

肥後橋・淀屋橋・本町

淀屋橋

 

淀屋橋は大阪市のメインストリートである御堂筋の一部となっており、国道25号に指定されている。元々は土佐堀川に架かる橋の名前だが、その後地下鉄御堂筋線と京阪電車の駅名(淀屋橋駅)とされたことから、駅周辺および中之島東部一帯の地域名にもなっている。中之島には大阪市役所、日本銀行大阪支店があるほか、船場側には日本生命本社や住友村、大阪市の関係機関などのビルが立ち並び、大阪の代表的なオフィス街である。また、橋の南側に位置する淀屋橋交差点に面した土地は、大阪市の中でも非常に高水準の地価となっている。

 

本町

 

船場のほぼ中央を東西方向に貫く本町通沿いの両側町。東端は東横堀川(阪神高速1号環状線南行)に架かる本町橋、西端は西横堀川(現在は埋立。阪神高速1号環状線北行)に架かっていた信濃橋跡。

 大坂城下の中心であり、江戸期は本町通を境に大坂三郷の北組と南組に分かれていた(本町は南組に含まれていた)。現在も大阪市を代表するビジネス街であり、過去には京阪バスや近鉄バスが乗り入れるバスターミナルが設けられていた。本町の南隣には、現在は中央大通までを町域とする南本町があり、さらに中央大通の船場センタービルを町域とする船場中央(かつての唐物町と北久太郎町の一部)があるが、中央大通の地下に大阪市営地下鉄中央線の本町駅や堺筋本町駅があるため、南本町と船場中央も含めて本町と呼ばれることが多い。一方、本町通北側には大建造物が多く、幾つかのビルは同じく両側町である北隣の安土町に跨って建っている。

西大橋・四ツ橋・心斎橋

心斎橋

 

御堂筋から一筋東の心斎橋筋商店街を中心に、百貨店、専門店、高級ブランド店などが集積する大阪市を代表する繁華街。心斎橋に店を構えることを夢や目標にする大阪商人も多い。

 

心斎橋筋は、船場と島之内を分ける長堀川に架かっていた心斎橋(橋梁)に由来する。単に船場と島之内を繋ぐにとどまらず、南岸に芝居小屋が立ち並ぶ道頓堀川にも戎橋が架けられ、なおかつ、新町遊郭に程近い西横堀川寄りの道であったことから、今日に至る賑わいを見せるようになったと言われている。

桜川・なんば・大国町

難波

 

大阪の二大繁華街の一つであるミナミに包含され、一般的にはその玄関口となる難波駅や大阪難波駅周辺の繁華街を指す。ミナミが心斎橋駅界隈から南海難波駅界隈までの広範な地域を指すのに対し、難波は概ね道頓堀以南・千日前以西の地域を指し、場合によっては道頓堀・千日前・湊町・日本橋を含めた地域まで指すこともある。老舗や高級店が多い心斎橋と比べ、ミナミの玄関口でもある難波は多種多様な商店が混在する。

 

JR難波駅も難波駅や大阪難波駅と地下連絡通路などでつながっているが、長年親しまれてきた湊町駅という旧駅名と所在地の浪速区湊町という町名から、同駅周辺は現在でも湊町と呼ばれることが多い。ただし、本来の湊町は道頓堀川南岸の一画に過ぎず、現行住居表示の湊町は大半がもと難波である。

北浜・堺筋本町・天満橋・谷町4丁目

北浜

 

船場の北端に位置し、土佐堀川に面する。土佐堀通(外北浜通)と内北浜通の両側町で東西に細長く、1丁目~4丁目まである。

東側の1丁目と2丁目は大阪証券取引所を中心とした金融街となっており、北浜駅に近いことから、一般的に北浜と言えばこの付近を指すことが多い。

西側の3丁目と4丁目は淀屋橋駅に近く、かつて過書町・梶木町・大川町・横堀といった町名だったこともあり、北浜と呼ばれることはあまりない。また、4丁目は住友グループ企業の本社・本店オフィスが数多く立地していることから住友村とも呼ばれる。

長堀橋・松屋町・谷町6丁目

松屋町

 

大阪市中央区南東部、末吉橋東側に位置し、北で松屋町住吉、北東で安堂寺町、東で谷町、南で瓦屋町、西で島之内・南船場と隣接する。大規模なマンションの建設が増えた町である。

中央区の農人橋交差点南側から大阪市営地下鉄松屋町駅周辺にかけて、松屋町筋沿いに人形・駄菓子・花火などの卸問屋街が存在する。

日本橋・恵美須町・谷町9丁目・四天王寺前夕陽ヶ丘

日本橋

 

道頓堀川に架かる堺筋の橋である日本橋(橋梁)南詰以南に位置する。北から順に1丁目と2丁目が中央区、3丁目から5丁目、および隣接する日本橋西、日本橋東が浪速区に含まれる。堺筋西側の南端は恵美須入路交差点(阪神高速1号環状線えびす町入口、名呉橋跡)、同東側の南端は恵美須交差点(国道25号)。

第二次世界大戦後には東京の秋葉原と並ぶ電気街となり、「東のアキバ、西のポンバシ」とも称される。